タイムセール祭り 9/24 [土] ~9/27 [火]

筋肉、脂肪細胞、セルライトの話。ダイエットしても解消できない時には。

セルライト

ダイエット初心者におすすめの商品について

体重を減らしたいと思いながらも、数あるダイエットのうちどれにすればいいのか、判断がつかないという方もいます。ダイエット効果のある栄養成分を、サプリメントで摂取するというダイエットは、始めての人向きです。食事の前に飲むことによって、カロリーの量を抑えられるタイプのサプリメント商品ならたくさん食べる方にも最適です。

ダイエットを成功させるには長期的な取り組みが大事ですが、場当たり的なやり方ではすぐに諦めてしまいがちです。カロリー制限や、適度な運動がダイエットのポイントですが、度を超したダイエットは、身体に負荷をかけます。気長に実行できるダイエットという観点でいえば、サプリメントの活用はとても有用です。運動によるダイエットの効果をより高めるために、プロテインのサプリメントを使うというやり方があります。

身体に筋肉をつけたい人が飲むものと思われがちなプロテインが、ダイエットのどう関わるのか疑問に思う人もいます。しかし、プロテインは余分な脂肪を引き締まった筋肉に変えてくれる効果があるので、ダイエットに役立つ商品です。ダイエットの効果が得やすい体質になるためには、運動をしてプロテインを摂取し、筋肉を増強することです。

運動をした上でプロテインを摂取することが、ダイエットでは重要です。運動をせずにプロテインを飲むと脂肪が増えてしまいがちです。ダイエット未経験という人でも、様々なダイエットグッズや商品を利用しながら無理のない範囲でダイエットの取り組みを続けていくことが可能です。

脂肪細胞の性質

体内には一定数の脂肪細胞が存在します。体内の白色脂肪細胞の数は、成長期で決定されます。

体重の増加や減少は、細胞数の変化とはまた別に起きるものです。脂肪の量として増えるのは、脂肪細胞の中の油滴の量のことです。細胞の数が減るのではなく、中の油滴の大きさが小さくなっていくというのが正しい表現になります。年を取る毎に、白色脂肪細胞内の油滴量は増えていくことが多いといいます。

脂肪を代謝する要となる基礎代謝量が、年を取るに従って減っていくことが関わっているようです。若いころと同じ食事をとり続けていると、年とともに体はエネルギーの消費量が少なくなり結果太りやすくなります。

一方褐色脂肪細胞は子供のころは多いのですが、年齢と共に次第に減少し、成人になるとほとんど見かけなくなります。わきの下や肩胛骨周りに少々残りますが、それ以外の場所には褐色脂肪細胞はありません。

褐色脂肪細胞は体内の限られた部分に存在し、白色脂肪細胞は体の多くの場所にある脂肪細胞といえます。ダイエットで食事の回数を減らす人がいますが、白色脂肪細胞の性質からいえば不効率なダイエット方法なのであまりおすすめできません。

外部からの栄養補給が途絶えると、人の身体は状況の変化に対応すべく省エネ状態に体を切り替えますので、基礎代謝が下がり脂肪が消費されづらい体質にチェンジします。より効率的なダイエットをしたいなら、脂肪細胞の性質を考え合わせた上で、数度に分割して食事をするようにした方がいいようです。

ダイエットしてもセルライトは解消できない

皮下脂肪が長年にわたって溜め込まれていると、セルライトが多くなることがあります。

皮下脂肪とセルライトはよく似ていますが、違う特性も持っていますので、取り除き方には差があります。食事などで摂取したカロリーが消費しきれなかった時、カロリーを合成して体脂肪をつくり、溜めておきます。

セルライトは、溜め込まれたまま使われていない皮下脂肪に、老廃物と水が結びついた状態まものです。

余分な脂肪分をそのまま放置しておくことで、次第に頑固なセルライトとなっていくので早めの対処が必要です。できて間もないセルライトなら、積極的に体を動かすことで脂肪の燃焼を促し、速やかに減らすことができます。

とはいえ、セルライトは脂肪細胞と老廃物がもつれあって代謝が悪くなっていますので、多少の運動やダイエットでは解消できません。

固くなった場所を柔らかくするために、マッサージを施すことで、セルライトのある部位の血流を改善できます。

固くなっているセルライトをほぐしながら、血液やリンパの流れを良くし、代謝を少しでも改善します。根気よくマッサージを続けなければなりませんが、水分や老廃物と、脂肪細胞を分離させ、除去しやすくします。

ただ自分のマッサージだけではもうにもならない程のセルライトになっている場合には、エステの施術に頼ることになります。エステには全身ダイエットや、セルライト解消効果が得られるマッサージコースなどがあり、シェイプアップ効果などが期待できます。

ダイエット食品ダイエット補助食品の摂り方、コツ、運動をセットにする。錠剤型栄養補助食品の添加物について。