ダイエットの停滞期とホメオスタシオス、ダイエットの成功者の話を聞く効果

停滞期

ダイエットの停滞期

停滞期というものが、長期でダイエットをしている人は誰でもあるといいます。

体重が順調に減っていたのに、停滞期になると減り方が鈍くなってきます。

この時期増えるのが、ダイエットに対するやる気が、運動をさぼっているわけではなく、

食事も我慢しているのに体重がなかなか減少しなくなるとなくなってしまう人たちです。

体がホメオスタシオスという体の防衛機能になって起こるのが、停滞期です。

ホメオスタシオスとは体の状態を一定に保とうとする体の機能で、周囲の気温が

下がっても体温は一定に保とうとするのもホメオスタシオスです。

食事をダイエットのために減らすと、体重を保とうと食事が減ってもホメオスタシオスは

機能するのです。

きるだけ脂肪として摂取カロリーを蓄積しようとし、消費カロリーを少なくします。

停滞期がある程度の期間続くと、またダイエットが体が元に戻って順調にできるように

なるといいます。

人によって停滞期の期間は異なるもので、1か月くらいの人もいれば、

2週間程度で終了する人もいるといいます。

ダイエットを阻むことですが、停滞期とは健康な体が起こす正常な反応です。

ダイエットは、停滞期をうまく乗り越えることで最後までやり通すことが可能となるでしょう。

ストレッチダイエットを成功に導くためにはストレッチだけでは不十分、ストレスとダイエットの関係

ダイエットの成功者

やる気をアップさせたい時には、ダイエット成功者の体験談が効果があることが

知られています。

セルフエフィカシーという感情が人には存在しています。セルフエフィカシーとは、

自分がその行動を成功できると思えるかどうかというものです。

何かを成功させるためには、取り組む前にその行動がうまくいくという感覚を

抱けるかどうかが、案外と重要なことだといいます。

セルフエフィカシーが高くなることで、モチベーションの底上げができます。

セルフエフィカシーの向上には色々な方法がありますが、成功者の体験談に

共感することも、その一つだといいます。

物事がうまくいった人の話を聞くと、自分でも同じことができそうな感覚を持ちます。

つまり、ダイエットが成功した人のエピソードを知ることで、自分もダイエットが

成功したような感覚になれるという仕組みなのです。

やる気を持ち続けることが、ダイエットを成功させるたるには欠かせません。

健康面や、美容面に配慮したダイエットを行う場合は、少しずつダイエットが

できるかどうかが、重要なポイントになります。

ダイエットの成功者がどうやってきたかを聞くことでモチベーションをアップさせ、

自分も後に続くという気持ちを持つことです。

継続してダイエットを行うことができれば、だんだんとダイエットの成功者に近づけるでしょう。

内臓脂肪早めの対策をしておきたいメタボリックシンドローム、1日1回 体重計に乗るダイエット おすすめの方法